価格が安い浄水器を活用するための方法とは

女性

乾燥食品を作る

ドライフルーツ

乾燥食品を作る場合に家の外に干すという方法もありますが、安全に加工したいなら食品乾燥機の購入を考えてみましょう。この製品があれば、自宅の中で色々な食材を干すことができますので、美味しい乾燥食品を作れるようになります。

View Detail

野山で安全な水を得る方法

浄水器

泥水を飲料に変える

アウトドアあるいは災害時には飲料を手に入れるのが中々大変です。日本の場合、川や池などに水はありますが、それを飲むとなりますと、そのままでは体に悪いですし下手をしますと病気になります。こんなときに重宝するのがアウトドア用あるいは災害用の浄水器です。このような製品は数多く販売されていて価格も数千円のものから数万円するものまで色々です。また、除菌できる薬品もありますので、これと浄水器を組み合わせますと更に安全な水がつくれます。アウトドア用の浄水器で持ち運びが楽にできて価格も安いものにストロー型というものがあります。形は筒状で水たまりに片方をつけて、もう一方に口をつけて吸い込むだけです。価格も安く水を飲むだけでしたらおすすめです。

本格的な製品について

アウトドア用の浄水器には、ボトルタイプの水を保存する機能があるものもあります。価格は少し高くなりますが水筒の代わりになるため使い勝手は良いでしょう。浄水器の性能は水をろ過するフィルターに依存します。細菌やウィルスは小さいのでフィルターの性能が良くないと除去できないこともあります。ところがウィルスまでも除去できるフィルターを備えたアウトドア用の浄水器もあります。これは、逆浸透膜浄水器にも匹敵する優れたものです。価格はちょっと高いですが、安全性を考えますと非常用として持っている価値はあるでしょう。これらアウトドア用の浄水器の多くは、手動ポンプによって水を浄化するようになっています。何か疲れそうですが、実際には軽い力で作動しますので力の弱い人でも大丈夫です。

電気代の新しい節約方法

ブレーカー

電子ブレーカーとは、電力の基本料金を抑えていく機能を持ち、毎月の電気費用を大幅にカットできるメリットを持ちます。電力の設定をもとから抑えているので、無駄な電気費用を払う必要がなくなります。電力の削減で大幅な節約効果が期待できるため、電子ブレーカーを導入する人が増えつつあります。

View Detail

電気料金を節約する

作業員

電子ブレーカーは電気の契約料金を引き下げることができるもの電気料金の節約をすることができます。一方で電子ブレーカーは電力会社が積極的に導入しているものではないため、価格がやや不透明です。これは電子ブレーカー自体は数千円から4万円程度とされますが、工事費用が別途掛かるためです。

View Detail