電気料金を節約する|価格が安い浄水器を活用するための方法とは

価格が安い浄水器を活用するための方法とは

メンズ

電気料金を節約する

作業員

ブレーカーを変える

電気料金を節約する方法はさまざまですが、そのひとつの方法が電子ブレーカーです。電子ブレーカーは動力と呼ばれる200ボルトの低圧電力の基本料金を下げるために開発されたものですが、近年は一般家庭で使われる100ボルトの従量電灯のものも登場しています。電気を引き込むさいには、必ずブレーカーを設置することになります。ブレーカーの役割は契約以上の電力が流れ込んだ場合に自動的に遮断するほか、漏電が起これば自動的に遮断するといった役割があります。従来のブレーカーはバイメタル式と呼ばれるもので、その過熱によって遮断すべきか判断する仕組みです。一方で電子ブレーカーでは熱で遮断するのではなく電流値や電流作動時間によって電子的に遮断するというものです。このため必要以上の電力を使用することはないので、そのぶん電気の契約料を減らして電気料金を節約することができます。

変えるメリットは

電子ブレーカーに変えるメリットとしては必要最低限の電力消費が可能になるため、電気料金の契約料金を減らすということが可能になるという点です。また電子ブレーカーではコンピューター制御されているため従来のバイメタル方式に比べるとブレーカーが落ちた場合でも復旧が早く、また規定の時間内であれば過電流が流れてもブレーカーが落ちないといったことなどもあります。一方で電子ブレーカーの価格は一般には公開されていませんが、相場的には数千円から4万円程度とされます。実際に電子ブレーカーを積極的に売り込んでいるのは営業会社が多く価格も不透明なところが多いため、営業会社が売り込んでくるものの価格には工事費用などが嵩み高額になるため注意が必要です。電力会社は電子ブレーカーを付けることを勧めてはいませんが、工事業者の紹介はしてくれるためその点においては価格面で安心して導入することができます。